2006年06月30日

2006年6月期 月次報告

さて、6月の結果です。

今月の利益:0円−今月の損失:13000円−手数料0円=今月の損益-13000円という結果となりました。
(詳細は右サイドバー内「月次報告」にて・・・)

今月は、世界的な株安もありましたね。

もも缶の損失は、単に理論株価を算出する時に見落としていたところがあったため。
はじき出した理論株価は、買値付近になってしまった。
キャッシュフロー的には問題はなし。
でもね・・・ROIC(投下資本利益率)が低かったのよ。←これを見落としてたの。
だから、私が望む利益率は期待できない銘柄だったのよ〜〜〜

なので、ミスに気づいたときに売りました。
売った後で、ちょっとばかり上昇したんだけどね。
悔やんではいません。

今日、1社、総会決議書と配当金到着しました。
配当金は7月分に組み入れることにします。

あと、ずっと前に株主アンケートに答えた謝礼として図書券1000円分も既に届いています。
もも缶、このところの本の購入はネットを利用しているので、図書券って使わない。
金券ショップで買い取ってもらって、資金に組み入れようかなぁ・・・

posted by もも缶 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 月次報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

静観し続ける日々

アメリカ市場の下落に素直に反応する日本市場だこと・・・

この先、7-9月は投資暦の「日経平均&TOPIXの推移(1989以降)」を見ても軟調〜
16年ほどの平均ですから、今年が当てはまるかどうかは分かりませんが、秋の自民総裁選までは政局が見通せないので、大きく上昇するとは考えにくいです。

外国人投資家たちは昨年の選挙で明らかなように、小泉路線がお好きであったようなので、ポスト小泉にあたる方は同じような路線であることを期待しているのかな?どうかな?

先週算出した買い候補。
「買い」の方向で動いています。
投資資金1万ほど増額して、挑むことにします。
とりあえず、上↑の理由でまだまだ下落も考えられるので、現在の価格よりかなり安い値(-6%)で「買い」としています。
ここまで下がる事があるか?それとも今が底で上昇するのか?
それはこの先見てみないと分かりませんが^^;
「中間配当あり」なので、8月中旬ごろまでには買えるといいな〜
でも、配当目当てではないですからね!

あと1ヶ月もしたら、上の子は夏休み。
毎日があっという間にすぎていってしまいます・・・
posted by もも缶 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

バフェット氏の寄付

本日の昼、こんなニュースが報じられています。

米国の著名投資家で世界第2位の富豪としても知られるウォーレン・バフェット氏がマイクロソフトのビル・ゲイツ会長夫妻が創設した財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金」などに寄付すると発表

(いろいろなところが報じていると思いますが、もも缶のニュースソースはココ

バリュー投資関連本をかじったことのある人ならば、おなじみのバフェット氏です。
う〜ん、太っ腹!
・・・で、片付けてはいけないですね。
この基金が本当に良いものと寄付に値すると判断しての行動でしょう。
だって、寄付は株で行われていますもの。それも自分がCEOを務めるバークシャー・ハサウェイの株式で。

でも、やっぱりすごいことです。
posted by もも缶 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今まで読んだ本の一覧

過去に読んだ株式投資関連の本の一覧をまとめてみました。

その名も『もも缶の本棚』
(右サイドバーの中にもリンク張ってあります)

実際の本棚に残っているものも、そうでないものも(?)書店で販売されているものは載せてあります。

Amazonのリンクを利用していますが、良書の見極め方のひとつに「ロープライスの値段」があげられます。
出版されてそれなりの月数or年数が経過していても、ロープライスの値段が新品の値段からそう低くなっていないものは、購入した人が手元に置いておきたい本だと判断できます。
安値になっているのは・・・たくさん売れたけれど、賞味期間も短かった本か、本の価値が理解されなかった本かもしれませんね。

実際の取引では参考に出来ない部分の方がまだまだたくさんのもも缶ですが、本はお勧めできます。
参考にしていただければ幸いです。
posted by もも缶 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

投資対象の絞込み

6/20ごろから、四季報CD-ROMも活用し、新たなる投資対象の絞込みをしています。
四季報夏号は3月期決算のデータが入っているんでね♪

フリーキャッシュフロー(営業CF+投資CF)を活用してものと、ROAを活用してのものとを投資資金10万円以下で新興市場を除外でスクリーニングにかけて、ともに約20社ほどをピックアップ。
約40社になります。

ココから利益の動きや営業CFの動きを見て、今後の上昇が見込めないところをまず除外。
次に決算書の数値を元に、簡単に理論株価を計算。
(計算方法は「なぜか日本人が知らなかった新しい株の本」をご参考に)


そして、現在の株価が理論株価以上(要は割高)&理論株価に近すぎるものを除外。

次にまたまた決算書からいろんな数値をひっぱってきて将来の予想を立て−DCF法です−、また過去の数値からROIC(投下資本利益率)の変化も見て・・・

で、現在の株価が理論株価よりわりと安い銘柄を選出しました。

今回は2銘柄。
ともに3月期決算なので数日後(総会後)に出てくるであろう有価証券報告書を見てから、投資するかどうかの判断をしようかと思っています。

でも〜、今回なぜか業種が「電気機器」と「卸売業(扱う品はコンピュータシステム)」
既に1社、業種「電気機器」を保有しているだけに、同業種でまとめてしまうのにはためらいが・・・
選択肢には既に保有しているものを買い増すってのもありなのよね。

しかし・・・現在の投資資金残高は新規に買うにしても買い増すにしても不足しています!!
2-3万増資すれば購入は可能ですけど。2-3万は調達できる額でもあるし。

よ〜く考えて、行動に移すことにしますわ。

posted by もも缶 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

売りました

今日、保有株の理論株価を再確認したところ、既に買値が理論値付近になってしまっているのを発見!

おまけに、事業効率が悪いことを見落としていた!!
しかも、こちらは買い付ける時期に明らかであったこと。
単純な見落としに、相変わらずバカだなぁ・・・と。

間違いが明らかになったので、この銘柄は売り。

<今日の取引>
6319 シンニッタン 100株
 4/6 710円 買 → 580円 売
 -13000円

1ヶ月前に気がついていたら、損失半分で済んだのに。
(5月末はまだ640円台)
株価が下がっていって、当然だったんだ。
皆さんはこんなおバカしないでくださいね。

次はこんなことしないように気をつけないと!

次なる投資先探しのためスクリーニング。
25銘柄の中から、7銘柄を絞り込み、さらに絞り込んだ2銘柄を現在有価証券報告書を見ながら、計算しています。
 
posted by もも缶 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 株取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストックオプション

IRニュースで「ストックオプション」を時々目にします。

新株予約権を無償で差し上げますというもの。
誰に?
それは従業員とか取締役とか子会社に。

詳しいことは分かりやすく書かれたサイトがありましたので、こちらを参考に。

ストックオプションに伴って自社株買いも行われます。

単純に自社株買いをしてくれることは、流通している株数が減少するので、結果として株価が上昇するので株主にとって良い結果となるのですが・・・

権利行使して新株も売った場合、流通株数が増加するわけで。
と、いうことは流通株数の増加→株価の下落となるのよね。

参考サイトの表を見ると・・・新株が増えた分自社株買いで減らしているのかな?

これって株主にとっていいんだか悪いんだか判断に迷います。
ストックオプションで報酬(株の売却益)を得たいなら、株価を上げるように従業員や取締役が頑張るので会社の業績UPとなる。
ここまでは株主にとっていいことなんだけど・・・ねぇ。

ストックオプションを頻発するところは避けたほうがいいのかもしれませんね。


posted by もも缶 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

損切りについて考える

株は上がれば下がるし、下がれば上がる。
時として、暴れ馬のようにも動く。
日本株はアメリカ市場の動きにも影響を受けやすい。

そういうわけで、買った株が必ず上がるとは限らず、下がってしまった時には「損切り」をしましょうということになる。
どうしようもなく下がってからあきらめて切るのではなく、自分が絶えうる範囲での損切りが望ましい。

去年の秋ごろまで、私はこの金額以上下がるのは嫌だと、早々と損切りを実行していた。
その損切りの姿勢を褒めていただいたこともあった。

儲けを出すためには勝ちを多くすることよりも、負けを少なくすることだ。
コレは鉄則。

その銘柄を買うと判断した理由は何だろう?
結果として、損切りする羽目になったその銘柄を選んだ訳。

少額投資だとなおのことだが、資金内で買える銘柄だから。
四季報などから、まぁココならいいかと思える業績だったから。
チャートからも上昇の余地があると思ったから。
・・・などなど

でも・・・誰しも買うときは「割安」と思って買うわけで。
何に対して割安と判断するんだろう?
チャートで判断する直近の高値?上値抵抗線?

いろいろと考えていくと、その銘柄の株価の動きだけしか見ていなかった自分に気がついた。

そして、バリュー投資の考え方を学んでいる。
バリュー投資はその銘柄(会社)の価値を理想株価として算出する。
算出の仕方は様々だが、その会社がこの先どれだけ現金を稼げて、発展していけるか、その企業を買収するつもりになって考える。

最近は算出してみて、「割安」と思えるものを購入している。

購入した時点で割安なので、その値より下がっても損切りはしない。
前の損切りしまくっていた自分が「損切りしなくていいの?」とささやくけれども損切りはしていない。
買った株は市場でもっと高く評価されてもいいと判断しているのだから。
損切りするとしたら、計算方法が間違っていたと気づいたときか、その銘柄に不測の事態が起きて投資対象に値しなくなった時だろう。

少ない資金で中長期としてしまうと、回転率が悪くて、儲けが減るのでは?
と、思うこともある。
でも、チャートを追っかける短期トレードはちょっと違うと感じているから、とりあえず今のスタンスで続けていこうと思う。

だから、含み損はあっても理由がなければ損切りすることもないし、結果含み損の銘柄を保有し続ける事があっても「塩漬け株ばっかり」などということはない。

以上、現時点のもも缶が考える「損切り」についてでした。
posted by もも缶 at 13:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

本を1冊読みました



株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」
ジョエル・グリーンブラッド 著/藤原玄 訳

バリュー投資で本を出されている角山 智さんのサイトで紹介されていたため、購入してみました。

訳本ですので、本文の中身は米国が基準。
それを「日本に置き換えて捉えれるか?」ってところでしょうか?

『魔法の公式』は知っていて損はないです。
(巻末付録でまとめられています。)

株デビュー前の人がこの本を読んでどれだけ理解できるかはちょっと疑問ですが(アメリカ株やる人にはいいのかも?)、1年ぐらい経験した人なら飲み込みやすいと思います。

でも、ぶっちゃけた話・・・日本人が書いたバリュー投資本のほうが分かりやすいわ!
posted by もも缶 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

何か違うんじゃない?

このところ報じられている日銀総裁の村上ファンドへの出資問題。

「いくら利益があったんだ?」と追求するのって、おかしい気がしませんか?
コレって興味本位で聞いているようにしか思えません。

問題になったファンドに出資していたから追求されていますが、他のファンドだったら良いのでしょうか?損を出しているのだったらいいのでしょうか?

ま、そんなことより・・・今日の市場、上昇ムードですね♪
でも、このところ金曜は騰がるのよ。
週明けどうなるかが気がかり。

保有株のひとつがやっと買値まで戻りつつあります。梅雨晴れのような気分です。
(あと2つはまだ含み損1万円越えてますが・・・T^T)

これから、議決権行使(返信ハガキ投函)をしてきます。
株主の権利はちゃんと果たさないとね。
posted by もも缶 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

四季報発売日

もも缶は前号(2006年春号)から、CD-ROM版を購入しています。
年間購読にしたので、書店等での発売日前日には宅配されてきます。
でも、目を通したのは今日ですが・・・

まず、保有株の記事を読んでみます。
全てネガティブな表現です。めげそう〜

でも、このところの市場下落に引きずられての下落もやっと止まったようなので、気長に見ていきましょう。

一昨日、タカラトミーの株主総会のご案内が届きました。
優待品のおもちゃの詳細も同封されていました。
教えてあげたら、子どもは喜んでましたよ♪

家族に喜ばれるってのはいいですね。

これで含み損が解消されたらいうことなしなんだけど、含み益が出るためには日経平均が1万6000円台にまで上昇してくれないと無理そうだわね。
posted by もも缶 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

このところ単元未満株取引をしない訳

もも缶の株初めは資金10万、単元未満株売買でした。
(単元未満株売買:カブドットコムでは「プチ株」、イートレードでは「S株」といわれているもの)
当時は、単に「少ない資金で始められる」というのに惹かれたわけですが・・・

手数料を計算してみたり、実際売買してみて、単元未満株は自由が利かないのがよくわかった。
売買時間の不自由さ、手数料を賄える利益率を目指すことの難しさ、場合によっては単元株より高く付く手数料・・・

だから、単元未満株取引はよくわからずに利用する人が多いほど証券会社の手数料売上が伸びるというわけだ。

「割に合わん!」と今は単元株売買をしているもも缶です。
単元未満株で利益を出し続けられる人はきっと単元株でもしっかり利益を出せるでしょう!

それより・・・何とかならないこのところの株市場もうやだ〜(悲しい顔)
posted by もも缶 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

底が確認できそうなら買い時よね

今日は今までの反発がちょこっとあったって感じですかね。
でも、先週も金曜は後場で上昇したのよ。
なのに週明けは・・・

今日で今月SQは済んだとはいえ、海外情勢がどうなるかまだわからない。
どこで底を売って反発するかの見極めでしょうか?

それにしても・・・
保有株は一応「割安」を判断して買いを入れたのに、今日の終値はさらに低いものとなっております。

一応「割安」基準の計算をしなおしましたが、やはり買いを入れた時点での計算は間違っておらず。
なんだか、定価より結構安く買ったものの、バーゲンでさらに値引かれているのを知ってショック!!という感じでしょうか?

あぁ、買い増ししたい。
でも、株投資資金を増資したくはない。
(実力が付いていないのに資金を増やしてもまた減らしてしまう可能性大だから)
あ〜ん、「返さないでいい。コレで投資をしなさい。」と100万ぐらい出してくれる人いないかなぁ〜
・・・って、いるわけないじゃん!
posted by もも缶 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

今日の前場が1時間半過ぎ・・・

とうとう日経平均が1万5000円を割り込んでしまいました。
世界的な株安は悪循環のように続くようです。

保有株・・・
割とね〜外国人持ち株比率が高かったからってこともあるのかな〜
散々でございます。

気晴らしに「複利」計算をしていました。
ネット系銀行の定期預金の金利を元に、仮に5000円のへそくりをどんな風に預けると1年〜3年後いくらになっているのか?
(皆さんも、御用達銀行の金利で計算してみましょう!)

やっぱり預け入れる年数が長いほど金利が優遇されていくので、計算に利用したネット系銀行の定期預金の最長期間3年で考えると、「3年」で預けた方がお得です。
まぁ、それでも利子は100円にも満たないですけど^^;
「いつ要り様になって解約することになるかわからない!」って場合でも、1ヶ月ごとの定期預金に入れていたほうが普通口座そのままよりマシかもしれない。

このところ取り上げられているニュースを見聞きするたびに、知識のあるものが知識のないものから金を巻き上げているなと感じるこのごろ。
精通する必要はないかもしれないけれど、ある程度の知識は身につけておかないと損をするなと思うのでした。
知識ある人はその知識を悪巧みに使っちゃいけないのは言うまでもなし!
でも世の中、悲しいことにきれい事だけじゃないんだよね〜

posted by もも缶 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

木を見て 森を見ず

朝のNHKニュース内のコラムで、「今は世界的に株安になっている」と。
インフレ懸念など、いろいろな要素が考えられるとか・・・

そんなこと、気に掛けてませんでした。

個別の企業だけでなく、その業種の動き。
日本だけでなく、世界の動き。

世の中のあらゆる事が互いに関連しあって、経済をはじめいろんな事が成り立っている。

もも缶は、「木を見て 森を見ず」だなぁ〜と痛感。
木を見る力も大切だけれど、森もきちんと見ないとね。
posted by もも缶 at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

スーパーヒーロータイム

日曜の7:30〜8:30のテレ朝系列。
うちの子たちは、前半の戦隊物だけ毎週観ています。

3月から始まって3ヶ月。
最初5機だったメカが5月上旬に9機になり、今日さらに10機目が登場!
メカが合体してできるロボも5機合体(基本形)→9機合体→10機合体と3種になりました。
そして、新しいロボが登場した後のCMで・・・しっかり新ロボが出てくるし〜

バンダイ(バンナムHD)のこういう商魂がイヤァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

このペースだと、最終回を迎える来年2月末までにどれだけおもちゃ売り込むの!?
シリーズ30周年記念なのか!?
あまりに大人の企みが見えてしまうと、ストーリーが楽しめないなぁ・・・
でも、番組とのタイアップを続ける限り、バンダイのおもちゃはそれなりに売れちゃうんだろうなぁ〜
posted by もも缶 at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

何よ、この下げ!

村上ファンドに東京地検の捜査が入ったから?
でも、「いずれ捕まるんじゃない?」って、どこぞかの週刊誌の見出し(新聞広告で見た)に掲載されていたような・・・

今日、新聞1面で報じられたからって、売っちゃうわけ〜!!

お願いだから、日経平均1万5000円割れなんてこと起こさないでよ〜

なんだか、買いを狙っていた銘柄が急落しまして、張っていた網にかかってくれました。
でも、網張っていた価格より前場引けは下がってるのよね〜

<本日の取引>
2009 鳥越製粉 100株
 876円 買 → 優待権取るまでは保有(最低今年の12月まで)

はい、そうめん狙いです^^
そろそろ小麦は刈り取られる頃なんでしょうか?

そうめんだけでなく、2008年までの中期経営目標が達成されるならば、まだまだ株価は上がると思っています。
達成できないとなると・・・当然ダメです(笑)

昨日までの様子じゃあ、6月末〜小泉さんが首相でなくなる頃のどこかで約定かな?と思っていたのですが、今日約定しちゃうとは思っていませんでした。
こんな感じではもっと安く仕入れることもできそうですね。

でも、資金の残りはあと1万円しかありませ〜ん。
耐え忍ぶしかない・・・
posted by もも缶 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 株取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

2006年5月期 月次報告

カキカキして「さぁ、UPしよ」と思ったら、サーバーにつながらず・・・
書いたものは消えてしまいました。
アクセス集中しやすい夜ならまだしも、どうして午前中につながらなくなるのよ!!
気を取り直して、書き直し。

さて、5月の結果です。

今月の利益:0円−今月の損失:36900円−手数料0円=今月の損益-36900円という結果となりました。
(詳細は右サイドバー内「月次報告」にて・・・)

5月は売り1件だけ。
その売りもね〜失望した見切り売りだしね〜
もう二度と投資するもんか!ジャパン・デジタル・コンテンツ信託!!

JDCを売買し始めたのは2005年11月。
約半年追っかけてきました。
大株主にトヨタ自動車。信託業務による黒字化予想・・・
コレを信じて投資してきましたが、見事に裏切られましたね。
今年に入ってから新興市場が冷え込んできたとはいえ、もっと冷静に見るべきでした。

JDCの売買で出した損失の合計(売買手数料は除く)
74529円

あぁ私って大ばか者〜!!
投資資金の激減はJDCの取引のせいだ。

まだまだ投資先を見抜く力が育ってないなぁ・・・と痛感するのでした。

posted by もも缶 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 月次報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。